速報@気になるニュース

管理人が気になるニュースを紹介するブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
詐欺などの疑いで逮捕された34歳の女の周辺で、男性4人が不審な死を遂げている事件で、FNNは、逮捕当日まで、この女と同居していた関東に住む40代の男性の証言を入手した。

この男性は9月15日、女とインターネットの結婚サイトで知り合い、9月19日から女が詐欺などの容疑で逮捕される9月25日までの1週間、男性の自宅で同居をしていた。 そして、出会った当初から、女は男性に、「1カ月で自宅マンションを出て行かなければならず、住むところがない」などと持ちかけ、「家政婦を雇ったつもりで支援をしてほしい」と、借金返済の支援を求めていたという。

男性は、1週間の同居生活の間に、女にあわせて450万円を渡していた。そしてさらに、この男性の自宅にあった火災警報器が、すべて取り外されていたことがFNNの取材でわかった。

女が逮捕されてから数日たって、同居していた男性は、家中の火災警報器がなくなっていることに気づいたという。逮捕当日まで同居していた男性は「うち、火災報知器が7個あるんですけど、7個なくなってるんですよ。(彼女が)いなくなってから気づいた。火災報知器が7個ないというのは、誰も取り外す人なんていないし」と語った。
スポンサーサイト
職場の女子トイレに侵入し、個室内にいた同僚女性に水をかけたなどとして、大阪府は2日、商工労働部の男性主事(54)を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にした。

主事は同日付で依願退職した。

府によると、主事は7月31日~8月12日、大阪市内にある府の出先機関の女性用と男性用のトイレで計4回、天井とのすき間を利用して個室の外から紙コップで水をまいた。

同僚女性2人と府内の男性2人が衣服がぬれる被害を受けた。

廊下に設置された防犯カメラに主事が何度もトイレに出入りする姿が映っており、事情を聞いたところ、水かけ行為を認めた。「ストレスがたまっており、いたずらの気持ちでやった。被害者に深くおわびしたい」と話しているという。
「どうして彼は結婚してくれないの?」
今、煮え切らない彼氏に不安と不満を抱えている女性も多いのでは? 「結婚から逃げている男性」は果たして何を考えているのかを知るべく、25才から31才までの男性5人に座談会をしてもらった。

まずは「結婚をしたいか」と聞いてみた。これには
「転職したいから結婚はまだ」(藤田さん31才・広告)「『自分の店を持つ』という夢を
かなえるまでは」(谷原さん27才・飲食)「養える自信がない」(畠山さん25才・会社員)
「30才過ぎでいいかなと思っている」(長野さん27才・会社員)という返事が帰ってきた。

それでは「いつかは結婚したいけど、それが今じゃない理由」は何なのか?
「既婚者の友達を見てると大変そう」(藤田さん)「お小遣い制でお金も自由に使えないし、
外食も簡単にはできない」(谷原さん)「自由を奪われる感じがする」(岡本さん31才・広告)
など、これまた色々なお返事だ。藤田さんは「結婚を考えていた女性がいたが、風邪で
寝込んでた時のお見舞いがカツ丼で『結婚はないな』と思った」そうだ。


E5928CE58589E381AEE3818BE381A4E381A9E382932.jpg
ホームレスに生卵を投げつけたと称する衝撃的な動画がミクシィなどにアップされ、騒ぎになっている。ただ、これは神戸大の学生がホームレスに扮した自作自演だったことが分かった。とはいえ、ホームレス差別につながりかねないだけに、関係者は、怒りを露わにしている。

www_dotup_org314888.jpg

ミクシィのサイトに2009年8月16日に投稿された動画には、こんな衝撃的な説明がついていた。

「仲間の一人がホームレスのふり」

「助走をつけ力投した生卵が顔面(口)に直撃。口から血が出てました。ちなみにこれでも起きませんでした」

動画を見ると、短パン姿の若い男性がこちらを振り向き、何かをつかむ仕草をみせる。そして、画面の奥には、布団を掛けて仰向けに寝るホームレス風の男性の姿が。仲間3、4人から「よしっ」と声がかかると、若い男性は5、6メートルほど助走をつけ、植え込みの塀に駆け上がった。

「そりゃー」

塀からこう叫んで飛び降りながら、寝ている男性に何かを思い切り投げつけるようにしたのだ。仲間から「完璧!」と言われると、若い男性はこちらを向いてVサインをした。その間、25秒ほどだった。

この動画は、なぜか10月28日ごろになって、2ちゃんねるなどで、内容がひどすぎると話題になった。そして、投稿者がミクシィのプロフィール欄で、パナソニック内定の神戸大学生などと明かしていたことから、情報サイトなどが大学や企業に問い合わせるほどの騒ぎになっている。

もし襲撃が事実とすれば、犯罪にもなるが、動画には、いくつかの不審点があった。まず、ホームレス風の男性が、顔に生卵が当たって飛び起きる様子もなく、腕を動かすなど元気そうだったことだ。動画では、生卵が本当に当たったのか、確認できる部分もなかった。

そこで、関係先に取材すると、動画投稿者がアルバイト先と言っていた神戸市内のアパレル店店長は、こう明かしたのだ。

「本人からは、仲間の一人がホームレスのふりをしていたと聞きました。生卵で襲撃したというのは、自作自演だったということですよ」

「ミクシィの仕組みを十分に知らず、こんな騒ぎに」

一方で、店長は、「誤解を生むし、社会的に問題があります。うちも迷惑しています」と話す。そして、このアルバイトを2009年10月29日付で解雇したことを明らかにした。

この騒ぎで、神戸市内の別のチェーン店の店長ブログにコメントが700件以上も殺到して炎上し、この店長がブログで29日、まったく無関係だとするお知らせを更新している。

神戸大学では同日、騒ぎを受けて、広報室がコメントを発表し、動画投稿者は同大の学生であることを明らかにした。

それによると、この学生は8月に数人のグループで、神戸・三宮駅前の広場でパフォーマンスをした。別の友人がホームレスに扮し、その一部をビデオに撮って、ミクシィにアップしたというのだ。ただ、友人だけで見る手続きをしたつもりが、全体に公開されてしまい、29日朝になって騒ぎに気づいたという。学生は、「ミクシィの仕組みを十分に知らず、こんな騒ぎにつながってしまい、申し訳ありません」と言っているといい、同大では、軽率な行為だとして、所属学部長が口頭で厳重注意した。

パナソニックでは、広報担当者がこの学生が内定者であることを認めたが、事実関係はまだ本人に確認している段階だという。確認が取れ次第、適切に対応するとしている。

ホームレス支援関係者によると、実際の襲撃は今も全国各地で起きており、若者たちが生卵を投げつけるのは珍しくない。学校でのいじめと構図は同じで、特定の弱者を攻撃することで仲間内の連帯感を高めているという。

支援団体の一つ「神戸の冬を支える会」では、動画の内容そのものにも問題があるとして、こう指摘する。

「こうしたことを面白がるようでは、ホームレスの差別につながりかねませんね。学生らの潜在意識に差別があるとみられても仕方がなく、こうした問題を今後、教育現場などで考えていかなければならないでしょう」
連続不審死6人に、新たに関東の男性2人埼玉、千葉県内で、東京都豊島区の無職の女(34)(詐欺罪で起訴)の知人男性2人が不審死した事件で、新たに関東地方の男性2人が死亡し、経緯に不審な点があることが、捜査関係者への取材でわかった。

詐欺

これまで女が交際や訪問ヘルパーなどをしていた男性4人の不自然な死亡が明らかになっており、女の周囲で計6人が不審死していたことになった。

捜査幹部が、「関東地方の関係者2人が死んでいるという情報はつかんでいる」と話した。関東地方に住む2人も女と接触後、死亡しているという。

埼玉県富士見市で死亡していた東京都千代田区の会社員大出嘉之さん(当時41歳)と、千葉県野田市の無職安藤建三さん(当時80歳)については、死亡直前まで女が一緒にいたことなどが分かっており、両県警が捜査を進めている。

 | Copyright © 速報@気になるニュース All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
検索エンジン一括登録<無料>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。